カブと鶏ひき肉だんごの含め煮

肉だんごには、卵と玉ねぎを混ぜ込むことで固くなってしまうのを防ぎ、風味もよくなります。

カブをメインのおかずにする、野菜料理です。

やさしい味のカブには、さっぱりとした鶏ひき肉がよく合います。

カブを使った野菜料理 レシピ カブと鶏ひき肉だんごの含め煮

◆材料(4人分)
●カブ・・・4個
●鶏ひき肉・・・250g
●玉ねぎ・・・1/4個
●卵・・・1個
●片栗粉・・・小さじ1と1/2
●酒・・・小さじ2

☆煮汁
●だし汁・・・4カップ
●みりん・・・大さじ3
●酒・・・小さじ1
●薄口しょうゆ・・・大さじ2

●しょうが汁・・・少々

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.カブは、皮をむき、二つ割りにします。
2.玉ねぎは、みじん切りにしてペーパータオルで水気をしぼります。
3.ボウルに鶏ひき肉、溶き卵、片栗粉、酒、2の玉ねぎを入れてよく混ぜ、一口大に丸めます。

◆調理
4.なべに、☆煮汁を煮立て、3の鶏肉だんごを入れて少し煮たあと、1のカブを加えます。落しぶたをして、中火でコトコト煮ます。
5.仕上げに、しょうが汁をふりかけます。

味がじっくりとしみ込んでいるので、冷めてもおいしいです。栄養、彩りのためにも、春菊やホウレン草、小松菜などの青菜を塩少々を加えたたっぷりのお湯で色よくゆでて加えるといいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。