カブと小エビのクリーム煮

是非、積極的に摂りたい食材です。エビの代わりにカニ缶を使ってもおいしくできます。

カブを、牛乳と生クリームのとろりとしたクリームでとろとろに煮込みます。タウリンには血圧を正常に保つ働きがあることから塩分の摂りすぎによる高血圧の改善に役立つといわれ、コレステロールを排出する働きがあることもわかってきています。

エビの身には、「タウリン」という成分が含まれています。

真っ白なスープのところどころに見え隠れする、エビの赤い彩が美しいクリーム煮です。

カブを使った野菜料理 レシピ カブと小エビのクリーム煮

◆材料(4人分)
●カブ・・・(小さいもの)16個
●ムキエビ・・・100g
●ブイヨン(分量の水+固形スープの素1個)
●ローリエ・・・1枚
●牛乳・・・カップ2
●生クリーム・・・カップ1/2
●コーンスターチ・・・大さじ1
●パセリのみじん切り・・・大さじ2分
●塩、コショウ・・・各少々
●バター(仕上げ用)・・・適宜

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.カブは、皮をむき、大きい場合は2?4つ割りにします。
2.エビは、みじん切りにします。

◆調理
3.なべにブイヨン、ローリエを入れて弱火にかけ、カブを入れて少し固め程度にゆっくりと煮ます。
4.3にエビ、牛乳を加え、カブがやわらかくなるまで煮ます。
5.生クリームの半量を加えて、塩、コショウで味をととのえます。
6.同量の水で溶いたコーンスターチを5に加えてとろみをつけます。
7.仕上げに残りの生クリームを加えます。コクを出したいときは、お好みでバターを加えます。
8.器に盛り、パセリのみじん切りを散らしていただきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。