チンゲン菜とホタテ貝柱のクリーム煮

料理に使うことで、そのままではちょっと苦手!という方も、気軽にとっていただけるのではないでしょうか。生クリームや牛乳は、消化吸収のよいカルシウム源です。

チンゲン菜自体が、あっさりとしているので、ホタテの干し貝柱のうま煮とクリームのコクをプラスするとおいしく召し上がれます。ホタテ貝柱の代わりに、干しエビなどでもOK!。

淡緑色の葉柄は、火を通すとよりいっそうあざやかです。すっかりお馴染みとなった、チンゲン菜は、柔らかくてアクがなく、歯切れがいいのでしやすい中国野菜です。

良質のたんぱく質も含まれていますから、成長期のお子さんをはじめ、骨粗しょう症が心配な女性の方に是非、積極的にとっていただきたい食品です。

チンゲン菜を使った野菜料理 レシピ チンゲン菜とホタテ貝柱のクリーム煮

◆材料(4人分)
●チンゲン菜・・・8束
●ホタテ干し貝柱・・・1個

☆煮汁
●スープ・・・3カップ(貝柱の戻し汁+水+中華スープの素1/2個)
●酒・・・大さじ1
●塩・・・少々

●生クリーム・・・1/2カップ
●水溶き片栗粉(片栗粉大さじ3+水大さじ3)

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.干し貝柱は、ぬるま湯につけて充分に戻し、細かく手で裂きます。
2.チンゲン菜は、洗って根元に十字の切り込みを入れます(大きいものは、縦に二つに割るといいでしょう)。たっぷりの熱湯に塩少々加えてさっとゆで、ざるにあげます。

◆調理
3.☆煮汁を合わせて煮立て、1の貝柱を加えます。
4.3に生クリームを加えてから、2のチンゲン菜を加えて温める程度にひと煮立ちさせます。
5.味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつけます。
6.盛り付けは、チンゲン菜を取り出して形よく並べたあと、貝柱をのせ、上から煮汁を静かに注ぎます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。