カリフラワーのクリームスープ

料理に使うことで、そのままではちょっと苦手!という方も、気軽にとっていただけるのではないでしょうか。さらに、生クリームを加えることでコクのある、のどごしの良い、本格的なクリームスープに仕上げます。

牛乳は、消化吸収のよいカルシウム源であり、栄養バランスが取れた完全食品といわれます。また、良質のたんぱく質も含まれていますから、成長期のお子さんをはじめ、骨粗しょう症が心配な女性の方も、是非、積極的にとりましょう。

カリフラワーを真っ白にゆであげ、ピューレにしたあと牛乳を加えて煮ます。

カリフラワーを使った野菜料理 レシピ カリフラワーのクリームスープ

◆材料(4人分)
●カリフラワー・・・1株
●小麦粉・・・大さじ2

●ブイヨン(分量の水+固形スープの素1個)・・・カップ4
●牛乳・・・カップ2
●生クリーム・・・カップ1

☆仕上げ用
●パセリ(みじん切り)・・・少々
●バター・・・適宜(お好み)


<つくり方>
◆下ごしらえ
1.カリフラワーは、たっぷりの熱湯に水で溶いた小麦粉を入れたなかで、4?5分やわらかくなるまでゆでます。ざるに取り、表面に残った小麦粉をざっと洗い落とします。

◆調理
2.1のカリフラワーを小房にわけてなべに入れ、ブイヨンをカップ1加えて、ミキサーにかけます。
3.2を裏ごししてなべに入れ、残りのブイヨンを加えて少し煮詰めます。
4.牛乳を加えて約20分煮てから生クリームを、1/3量残して、加えます。
5.さらに10分ほど煮込み、塩、コショウで味をととのえます。お好みでバターを落とすと、コクが出ます。
6.器に盛り、残しておいた生クリームを回しかけ、パセリのみじん切りを散らします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。